正式名はウィルファース。通称、ウィル。MMOラグナロクオンライン狼鯖でHiWIZとアサクロと教授やってます。


by willfarth
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

12/18Gv

今週もEIN主導でGv。ってわけで、またまた作戦書作りに忙しい一週間でしたがみなさんいかがお過ごしでしょうか(挨拶

って、自分らしくないなぁ。やっぱなれないことはするもんじゃないね。
とりあえず、またも攻めに出てしまうSEED同盟でありましたとさ。




今回のお相手は、12/4に攻め切れなかったDoD同盟さん。作戦を練り直して、今度こそ勝とうということで、かなり気合入ってました。

ところが、始まってみると見慣れたエンブが・・・w ええもう、どうやったらここまで攻め被るの?ってぐらいおなじみのERPG同盟の皆様ですよ。とりあえず突入。今回も鯖キャンとかされましたがこの前ほどじゃなかったみたい。さすがに人数多くて、DoD同盟側の防衛ライン崩壊。私自身もWIZ部隊の中に突っ込んでいって暴れてきました。すぐにER防衛に移行します。

ところがこの後がよろしくなかった。ER前までは着いたものの、あんまり思うように突入できず。お互い邪魔になるしねー。前は引いてもらったし、攻め被ったら転戦すること決まっていたので我々が引くことになりました。個人的にはB4攻めすごく楽しみにしていたので、残念で仕方がありませんでしたけど・・・。

続いて向かった先はB2。どうやらスター同盟さんが代理防衛している模様。途中まったく関係ないGも紛れ込んでいたようで、邪魔されたりしたので排除排除。さあて突入!
a0062769_24183.jpg
って思ったらいきなり死亡orz

んー相変わらずスター同盟さんところの大魔法地帯はきっついね。なんでこんなに痛いかな?そこでふと思ったんですよ。いつもアクアつけてるので、ゼピュロスにしたらどうかなって。前に別の同盟攻めて使ったときは微妙だったんだけど・・・。まあ、思い切って試してみましたよ。

そうしたらどうですか。思ったよりも耐えるじゃないですか。直前の突入のように即死ではなくなりました。どうやらスター同盟さんの大魔法地帯は、Mbrがしっかり乗ったハイウィズがAMP使用して風系魔法を他同盟よりも重点的に使用することで成り立っているみたいですねぇ。SG対策にアクア着て突っ込んだら即死なわけだ。

耐える方法さえ分かれば、攻略は決して無理じゃありません。途中MSの直撃食らって死んだりもしたけれど、耐えて耐えてロキ鳥を殴り続けると・・・ついに!

目の前で倒れ伏し、

ロキ鳥が沈んでいきました!

うおおおおやったーヽ(`д´)ノ

すぐにロキ破壊成功の知らせを入れると、友軍が突撃を開始しました。残されたロキダンサーを攻撃していると、LPが展開され、続いて入ってきた味方のチャンプの阿修羅がロキダンサーに炸裂!そこのチャンプGJ!名前確認している余裕はなかったけど!

私自身は崖からの単体魔法を受けて死んでしまいましたが、その後更に突撃するために徒歩で移動。と、思ったらいきなり鯖が激重状態。どーやら相手がEmCを使用した影響?らしい。やっとの思いでER前に復帰したときには、もうLP返されてロキも復活していたとかで、非常に残念(==;;

もうここから更にロキを破壊して落とすだけの時間はないということで、C1に転戦。ところがこっちもまたもや激重状態。防衛ライン前にたどり着くのですらままなりません。一度突撃して、しに戻っている最中に防衛ラインを突破したという知らせが。ところが、ERにたどり着くとまだ乱戦状態。どうやら重くてみんなまともに歩けないみたい。必死にエンペ目指して歩こうとするも、さっぱり移動してくれず時間切れ。久しぶりに宿無しと相成りました。

結果としては失敗に終わってしまったけど、B2でスター同盟さんのロキを破壊することができたのが唯一の救いかなぁ。自分としては。それで勝てないと意味ないんだけどさ。

元々私はウィズでGvに参加してたので(今でも時々はウィズで出てますよ)どちらかというと突撃部隊がロキを破壊してくれるの待つ側だったんですよ。で、ロキ破壊できないと2時間ひたすら待ち状態、もっと悪くすると敵のダンサーがひょっこり崖にやってきて、叫ばれてスタンしまくりという非常につらい時間をすごすことになります。そのときの前衛の皆さんには申し訳ないけど、ロキ崩せないとか言われるとガッカリしてしまいますよね。無詠唱でもない限り、崩してLP出るまでは自分たちすること無いわけですから。だからこそ、アサクロでGv出る時はとても緊張します。自分の後には、期待して待っていてくれる仲間たちがいるんですからね。
[PR]
by willfarth | 2005-12-18 00:59 | GvG