正式名はウィルファース。通称、ウィル。MMOラグナロクオンライン狼鯖でHiWIZとアサクロと教授やってます。


by willfarth
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

3/5Gv

今回色々疲れていたので簡潔に。SSないのでごめんなさい。(といっても、文章は短くないんだけど。)

今回は青J同盟を攻めるぞってことで放棄決定。一部の人ノリノリで赤いぽりんのエンブレムまで作って臨みました。でも、どう見てもスライムベスです。



が、Gv開始前の偵察で報告が飛び込んでくる。
「青J、B1前に集結中。SEED攻めのようです。」
なんていうか、うまくいかないもんだねぇ(´・ω・`) SEEDは青Jを、青JはSEEDをお互いに攻めるつもりで両方とも放棄だなんて。

しゃーない、青J同盟がB1取ったところを攻めるかーってことでB1へ移動。そして砦の中へ入っていくと・・・青J同盟リログ。意地でも攻めにまわりたいらしい。そりゃそーだわな・・・ガーディアンすらこっちの味方なんだから。

エンペルームにみんな集合しちゃったので、仕方なくそのまま防衛開始。編成が攻め仕様だったので、防衛ライン構築にもたつきます。そうこうしているうちに青J同盟の突撃開始。ロキ落とされたりLPされたり無詠唱SGされたりWP越えスクリームされたりEmCされたりと、WP周りから階段おどり場にかけて壮絶な戦闘が繰り広げられます。かなりヤバイ状態が続きますが、青J側がミスってるのかSEED側が大健闘しているのか、ギリギリのところでしのいでる。途中EmCマスターが2人鯖キャンしたとかで、とんでもなく危ない状況もあったのですが。

私のアサクロもロキの合間をぬって発動したEDPで交戦。途中からWPわきのあいてる部分に敵が入らないようにセル埋めしてたら、どうしてもそこを使いたい青J側のLKが私に向かってスパイラルピアース連打。が、頑丈さが取りえのMyアサクロですから、耐えることに専念したらその程度じゃ死にません。そのLKはまもなく大魔法とSEED前衛の攻撃によって散りましたが、目の付け所がいいですね。ああいうところ、見習いたいと思います。

激戦は更に続き、21時をまわっても青J側は引く様子を見せません。その後の一斉突撃で入ってきた青J前衛の集中砲火によりMyアサクロはHPを削られ、白ぽを叩くも回復剤が出ずに無念の退場。あれって狙われたのかなぁ・・・。

急いで徒歩による復帰を目指すと2MAP終端で敵の封鎖ラインがありました。少数のSEED側復帰者を取り囲む形で攻撃を加え、周りからジプシー・ダンサーがアローバルカンしながら叫びまくっている状態。一気に接近してEDPで青J側ジプシー3人を倒して味方が動けるようにした後、更に敵前衛に攻撃。封鎖が崩れたあたりでEmCが来て復帰したんだったかな?

その後鯖キャンによってエンペルームからいなくなっていたマスター2人が、味方の封鎖への一斉突撃により復帰。防衛ラインが再び完全なものとなります。そこからは無難に防衛し、ロキも安定してきて21時30分、青J同盟は撤退していきました。

さて派遣、とすぐに行きたいところだったのですが、あまりにも激戦が続いたため偵察が十分ではなく、急ぎ出発した偵察部隊の報告がめまぐるしい勢いで飛び込んできます。私自身も偵察の命を受けてC地域へ単身乗り込んで行きましたが、担当した砦が椅子状態だったようで途中でエンペ割られてベースに逆戻り。ちょうどそのとき派遣先が決定しかけていたのですが、最初選んだところが思いのほか防衛勢力が多いという追加情報が入ってC3に変更。椅子状態でしたがなんとかもぎ取ることに成功します。終了間際、いくつかの同盟の派遣部隊が到着してエンペ叩かれるところまで行きましたが、時間切れで終了となりました。

今回思ったのは、アサ系と見るとスタン攻撃をするBS/WSやダンサー/ジプシーが非常に多いなぁってこと。やっぱり低VITのイメージあるんですかねぇ・・・。私はスタンが怖くないステなので、そういう攻撃してくれると逆に助かっちゃうんですが。やりたい放題できるし。バランスのよい攻撃をするのって、難しいけど大切なことなのかもしれませんね。
[PR]
by willfarth | 2006-03-06 12:35 | GvG