正式名はウィルファース。通称、ウィル。MMOラグナロクオンライン狼鯖でHiWIZとアサクロと教授やってます。


by willfarth
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

5/21Gv

SEED同盟の戦力を二分して、CLV地域で戦闘を楽しもうと言うちょい変わった企画でのGvになりました。EIN所属メンバー主体のAチーム、ER所属メンバー主体のBチームに分かれたので、自分は当然のようにAチーム。ついでにいうとAチームの総指揮ですた。



まず最初に向かったのはV4。無難にロキ破壊→LP→大魔法で一掃→EmCでトドメな展開になって陥落。しばらくカウンターを防いだ後エンペ破壊して転戦。

次、V3。階段上にロキがおける構造が厄介だった。とりあえず一度突撃してみるが失敗。んで死に戻って復帰しようかってところでIRCで報告が飛び込んでくる。V4攻めのとき城主Gもろとも排除したPlatinumってギルドが突撃と同時にバックアタックを仕掛けてきたそうな。さっきの仕返しとばかりにエンペルーム前で待機している後衛陣が攻撃を受けているというのだ。

Bを攻めるような勢力が攻め被りした場合、多くの場合は共闘の協定を結んで攻め手同士の争いを避ける傾向がある。というより、ほぼ当たり前になってるかな。なもんだから、同じ攻め手から攻撃を受けてこちらの後衛陣は軽い混乱に陥ってた。でも、別に共闘の協定を結んでいたわけじゃないので、攻め手が攻め手を攻撃するのも当然アリ。

共闘ってさ、合理的なように見えて結構非合理的なんだよね。うまく機能すれば有効なのだろうけど。大魔法撃てずに防衛サイドの復帰者に封鎖抜かれたり、お互い遠慮してWP前に中々詰められなかったり、思うように突撃できなかったり。防衛ラインを崩したら崩したで、共闘相手は一転して敵になるわけで。

とゆーわけで、容赦なく利用&排除するプランを設定。

一度突撃して、防衛ラインがそう易々と崩せるような代物じゃないことは分かった。突撃中に後ろから攻撃を受けるのも面白くない。即座にAチーム全軍にリログを指示し、一度砦前に集合して前・中・後衛全員そろって3MAPに再度進軍。Platinumに先に突撃させておいてエンペルーム前に待機している戦力を全力攻撃して一掃。邪魔者(失礼)にお引取り願ってからじっくりエンペルーム防衛を攻略。ほぼ立てたプランの通りに事は進み、少々時間はかかったがなんとかV3攻略に成功。ここもエンペ破壊して転戦。

次はC2。will+フリーザが防衛してた。こいつはさすがに苦戦。防衛ラインがきっちりしててなかなかロキ落とせない+落としてもすぐ復帰される。しかも残り時間が少なくリセットもありってことで攻めきれずに終了。Bチームは砦を確保してたので、同盟としては宿無しじゃなかったけどね。

SEEDという同盟の規模にしては、なかなか奇抜なイベントだった今回のGv。参加者は軽いサーバで戦闘が楽しめたようで、楽しかったって言う人が多かったかな。こういうのもありだよねー。
[PR]
by willfarth | 2006-05-25 03:53 | GvG